女性起業家応援プロジェクト【LED関西】

仙田 忍

ママが資金5万円で開業。
抱っこひも収納カバーで
世界進出を狙う

株式会社 ルカコ大阪府

ALEX賞SMBC日興証券賞“この街のホームドクター”だいしん賞クレディセゾン賞マクアケ賞中小機構賞トーマツ Innovation By Woman賞DBJ賞

■事業内容について■
抱っこひも収納カバーの製造・販売で急成長を遂げて話題の企業「ルカコ」。2児のママである仙田さんがネットで海外の抱っこひもを購入したことから始まりました。この製品は便利ですがかさばるのが欠点。着物を縫っていた祖母の影響で裁縫好きな仙田さんが、カバーを手作りしたところ、カバンのような見た目でお洒落に持ち運びができ友人から作ってという声が殺到し、ビジネスになると考えました。育児をしながら資金5万円で開業し、生地を買って自分で縫い、趣味の撮影とパソコンの特技を生かして写真撮影とホームページ作成も自ら行い販売。『anan』『VERY』などのメジャー誌で紹介され大ヒットし、半年で売上100万円を突破したそう。
成功の秘訣は商品を1種類に絞り、商品名も店名も「ルカコ」に統一して知名度をあげたこと。ママのためにママが作る丁寧な縫製にもこだわり、厳しい検品で納得いかない場合は縫い直してもらうほどの品質の高さ。さらに、商品は1種類ながら150柄から選べることも購入者の心をくすぐります。サポーターの「着眼点が良い」の言葉にも納得でしょう。当初は相手にされなかった百貨店などの催事場でも今やひっぱりだこで、アジアの富裕層をターゲットに海外での販売もめざしています。
一方、仕事量急増にともない人材を募集した際に時短勤務が受けて70人もの応募がありママの働く場所の少なさを実感したそう。開業から3年目の今は30名のママが働く企業としても注目を集めています。

■先輩からのアドバイス■
「プレゼンの資料はパワーポイントで作るのが一般的ですが、主婦でしたから知らずにワードで作りました(笑)。さっそくLEDでパワーポイントの使い方を教えてもらい、発表では動画でルカコを紹介するつもりでした。しかし、本番で資料が動かないというトラブルに。慌てず裏から商品を持ってきて説明しました」と仙田さん。
ピンチは時にチャンスにもなります。トラブルに臨機応変に対応できたことも評価につながったそうです。

http://lucacoh.com/

Supporters

Partners