女性起業家応援プロジェクト【LED関西】

川田 道子

子育てをプラスのキャリアに!母親たちが作る平成の寺子屋

日本チャレンジ株式会社京都府

SMBC日興証券賞日本ママ起業家大学賞

子育てをプラスのキャリアに!母親たちが作る平成の寺子屋

 

「大学を卒業した翌月4月に結婚し、子育てと50歳年上の義母の介護を同時に経験しました。そして、義母を見送った直後に、離婚を言い渡された時は40歳。社会人経験は一切なしの私は、働きたいのに働けない痛みを知りました」と語る川田道子さん。自分ができることをと模索し、2011年7月、地元・宇治の幼稚園や保育園で始めたのが、「平成の寺子屋」をコンセプトに独自の指導法で大人気のかきかた教室です。

 

美しい文字は一生の財産となるだけでなく、「聞く、書く、読む」の国語力はすべての学びの基礎となり、学習姿勢やコミュニケーション能力も育みます。書き順を子どもの大好きなジェットコースターに例えながら丁寧に教えると、瞳を輝かせて自ら文字を書き始めます。生徒4人に対して先生1人がつき、見つめ見守り心に寄り添って、そして励ますことで子ども達の自信と意欲を伸ばします。先生がかつての私のように働きたいのに働けない子育て中の主婦である点もポイント。「特別なキャリアはいりません。子育てしてきたことが立派なキャリアになるんです」

 

「もっと多くの子ども達と母親である女性達を笑顔にしたいとLED関西に参加したことで、2016年10月に日本チャレンジ株式会社を創設。私は子ども達に『大好き』と言われ、笑顔のシャワーを浴びることで、涙にくれる日々から立ち直り、自分に自信を持つことができるようになりました。だから、『平成の寺子屋』を通じて子ども達が自己肯定感を持つことができ、自分に自信がもて何事にも積極的に前向きに人生にチャレンジしてほしいという想いで日本チャレンジ株式会社と名付けました」

 

フランチャイズ化が具体的に動き始め、特許出願申請した「子ども達が正しく鉛筆を持つことができる京都かきかた鉛筆」も近々販売予定です。更に、高齢者施設内でのトレーニングとして「痴呆予防運筆教室」を導入することで、より多くの人に本物の笑顔を届けたいと、今後は経営者として、川田さんの挑戦は続きます。

http://www.kokokawa.info/

Supporters

Partners