女性起業家応援プロジェクト【LED関西】

水木 ユキ

京都の職人技をデザインとITで発信する!

株式会社TIME and DESIGN京都府

池田泉州銀行賞ABCドリームベンチャーズ賞KSIA 特別賞関経連賞NBK賞KRP TSA賞Makuake賞トーマツ  Innovation By Woman賞野村證券~輝く女性~賞GVH#5賞WSLチャレンジャー賞レクシア ブランドandデザイン賞

スマホのアプリを使って、京都の伝統工芸の職人技を世界へ!

 

完成した商品からは見えないものづくりの裏側のストーリーを、驚きの職人技の動画をまじえ、まるで短編のドキュメント映画を見ているように感動させてくれる。それが、TIME and DESIGNが開発した、スマホで誰でも気軽に動画CMが作れるアプリ「ワザプチャー」で作った動画CMです。

 

代表の水木ユキさんは、退屈な京都を出て海外でバリバリ働きたいという夢を叶え、米国でデザイナーをしていた経験もあります。しかし、何度も海外へ行くことで逆に、世界と張り合える京都のすばらしさに気づきました。とくに、親戚を尋ね、家業の染物の職人技を見た時、衝撃を受けたそう。以降、伝統工芸を見学するようになり、世界に誇る職人技のすごさを肌で感じる反面、業界の衰退も垣間見え、今までオープンにされなかった職人技を見せることも大事という思いが募りました。

 

LED関西では、英語の強みを生かして“外国人がアプリで工房見学へ行ける仕組み”を提案しましたが、「職人は外国人が来ても困るだろうし、外国人も行くのが大変で実現は難しい。もっと手軽に職人技を体感できる方法はないか」とジレンマも感じるように。そこでサポーターに相談してさまざまなアドバイスを受けるうちに、自分の中で新たに芽生えたアイデアが“動画”です。それが「ワザプチャー」開発へと繋がりました。

 

アプリは2016年12月にリリース。自作のCMで職人技を披露し、商品を世界へアピールすることができます。「職人だけにとどまらず、ものづくりをしている人全般に使っていただけるはずです。また、将来はVRも開発して、職人の仕事を世界中の人に知ってもらいたいです」と目を輝かせました。

 

「LED関西に参加することで、“外国人がアプリで工房へ見学に行く仕組み”という当初の提案の難しさに気づき、そのことを一度心の端に置くことで、“動画”という違った可能性を考えることができました。強い思いがあれば、チャンスはあるものです。また、どんな意見でも正直にぶつけ合えるファイナリストに出会えたことも、かけがえのないものとなりました」

http://timeanddesign.info/

Supporters

Partners