【LED関西】女性起業家応援プロジェクト

経済産業省

第4回ファイナリスト

井上 香苗

劇場やホールなど大空間でも瞬間に香りを拡散、消臭。高度なワンシーンを演出を実現する香り機器開発・プロデュース事業

SceneryScent:兵庫

香り演出で沢山の人を幸せに

起業したきっかけは?

IT企業に勤務していた時に出産。仕事との両立が難しく、思うように働きにくいと感じていました。自分の手に職を身につけたいと思い、仕事・子育て・アロマスクールの3つを並行して資格を取得。エステサロンに転職した後に独立しました。全く知らない無い業界に足を踏み入れることに不安もありましたが、絶対需要がある!と周囲に言われたことが後押しになりました。

アロマセラピストとして12年活動、セラピストとインストラクターセミナー講師として活動していましたが、今回の香り演出装置「Scent Machine」の販売はBtoBのため、業種も動くお金の桁も違い、銀行からの融資、借金を背負うことに最初は戸惑いがありました。しかし、最初の融資は5年で完済。両親や主人が子育てをサポートしてくれるので、自分らしく働くことができています。

井上香苗

LED関西ファイナリストになってから

事業が思うように進まず、資金調達にも苦しんでいる中で、打開策として助成金やビジネスプランコンテストなどに挑戦、その中の1つがLED関西でした。香り演出装置というものは、ニッチ産業のため競合が少ないけれど認知度が低いという悩みがありました。しかし、LED関西のファイナリストになってからは、その認知度が増えました。

これまで頑張って説明・体感してもらわないと理解してもらえなかったのが、ファイナリストになったことで、沢山の人に認められている事業だという良い印象から話をスタートできるようになりました。また、サポーター企業の方が上場するまでサポートしますと言ってくださり、上場を目指してもいい事業なんだと思えたのがとても嬉しく印象的でした。LEDのファイナリストになったことで、これまで契約に結びつかなかった企業から改めて興味があるという連絡があったり、某エンターテインメント施設にて採用されたりと、少なからずファイナリストになったことが事業拡大に繋がっていると実感しています。今後は海外展開やオリンピック・万博などの大きなイベントに使われるようになるのが目標です。香り・匂いを使って人のためになること・社会貢献をしたいと思っています。

LED関西応募を考えている方へのメッセージ

「えいっ!」と応募することで、やらざるを得ない状況をつくり、自分を追い込むことが自分の行動を促進することになると思います。まずは応募、それから考えるのもいいのではないでしょうか。私のようなニッチ産業など、他にないようなモノ・サービスを持っている方にとってはすごくPRになる場所です。そういう方は挑戦する意義がすごくあると感じました。ボヤっとしたものが形になる、それがLED関西。ぜひ挑戦してみてください!

井上香苗

SceneryScentのwebサイトはこちらから

アンバサダー一覧ページに戻る

女性起業家相談窓口はこちら

SUPPORTER

PARTNER

Instagram

+ VIEW

facebook

+ VIEW