【LED関西】女性起業家応援プロジェクト

経済産業省

第4回ファイナリスト

藤井 治子

知られざるバレエの健康効果を活用し、日本の「健康寿命延伸」に挑戦!

SAY合同会社:大阪

エイジレスバレエ・ストレッチを世の中の当たり前に!

起業したきっかけは?

元々保険会社の事務を15年間していました。内勤だったので電話対応や書類処理の仕事が中心で、お客様との対面の機会はほとんど無い環境でした。そんな時、30歳から始めたバレエがきっかけで、中高年の方にバレエを教えるボランティアを始めました。

中高年の方々と触れ合い、喜んでもらえ、更にみなさんの身体の調子が良くなってくるという変化を目の当たりにした時、これを一生の仕事にしたいと強く思ったのが起業のきっかけでした。その後、ボランティア期間2年を経て、一生の仕事としてやりたい気持ちが揺るぎ無いことを確信し事業を開始。1年間個人事業主でやった後、事業拡大のために法人化しました。

藤井治子

LED応募のきっかけは?

事業を始めてから知り合った方が、大阪産業創造館やLED関西のことを教えてくださり、自分で検索して応募を決意。第2回LED関西の時にはエントリーシートを出しましたが、残念ながら面接選考で落ちてしまいました。第4回の時、再度挑戦してみることに。これから事業を拡大したいと思っていたところなので、そのステップアップにしたいという強い想いで挑み、第4回でようやくファイナリストまで残ることが出来ました。

LED関西ファイナリストになってから

様々なサポーター賞をいただきましたが、どの企業のご担当者の方も本当に温かい方ばかり。全ての方に応援されていると実感することが出来ました。
サポーター賞をいただいた大阪信用金庫さんでは、実施されているファンドの審査を通過し、資金調達をさせていただきました。

今後は、中高年齢のエイジレスバレエ・ストレッチを世の中の当たり前にしていきたいと思っています。直営で行うレッスン事業だけでなく、企業や地方公共団体とも繋がっていけるよう、現在奮闘しています。近いうちに東京に進出し、関東にも拠点を作っていきたいと思っています。健康になるためには、単に身体を動かすことだけではなく、仲間と楽しく過ごすことが大切。そのコミュニティをつくるのも私の事業の役割だと思っています。

LED関西応募を考えている方へのメッセージ

私のように経験値の少ない女性起業家にとって、多くの方たちに助けていただいて教えてもらうことができるのは本当にメリット。自分が全力で取り組んだ分だけ自分が成長できるので、全力でやってほしいと思います。

藤井治子

SAY合同会社のwebサイトはこちらから

アンバサダー一覧ページに戻る

女性起業家相談窓口はこちら

SUPPORTER

PARTNER

Instagram

+ VIEW

facebook

+ VIEW