【LED関西】女性起業家応援プロジェクト

女性起業家応援プロジェクト【LED関西】

第1回ファイナリスト

上田 理久子

パートの主婦が神戸から
世界のフランチャイズをめざす

神戸リッコロッ:兵庫県

KRP賞マクアケ賞サッポロビール賞バカルディ賞WAO賞

ライスコロッケ「リッコロッ」で、女性の働く場と日本のお米を守りたい


「リッコロッ」は、おにぎりのなかに特製カレールー、牛すじ煮、桜あんこだんごなどを入れて揚げた神
戸発のライスコロッケ。米油で揚げているからカラッとして風味がいいと評判です。飲食店でパート勤め
をしていた上田さんが、自分の店を持ちたいと思い始めたとき、「歳を重ねるごとに雇用の場が減る女性
のために、働く場をつくりたい」と、フランチャイズに着目。そこで商品として考案したのが、ライスコ
ロッケの「リッコロッ」。手づくりの味で、食事にもおやつにも、おつまみにもなる気軽さが魅力。また
、日本人の主食であり、重要な農産物であるお米を使っている点もポイントです。

起業したときから、販路拡大のためにメディアを使っていきたいと考えていた上田さん。「イベントに参
加して、デパートに出店して全国展開していく。その後セントラルキッチンを設け、フランチャイズ展開
するという目標はいまも変わっていません」。LED応募時は関西圏だけの販路でしたが、現在では東京の
新宿、銀座、日本橋などにあるデパートへの出店が実現。「小さなセントラルキッチンも設け、売上げも
少しづつですが右肩上がりを続けています。でも、まだまだ。ヒット商品と言えるようになるまで、精力
的に全国をまわりたい」。

「リッコロッ」を何歳になっても元気で働ける職場にするという目標も変わっていません。「私の考える
フランチャイズは、主力商品の力が弱いなら、収入源となるリッコロッを一緒に販売してもいいというス
タイル。そのためには、もっと売れるリッコロッにならなければと思っています」。最近では、アーティ
ストや分野の異なる飲食販売店とチームをつくって企画・提案し、イベントや地域活性化に参加している
とのこと。さらには、「お米が気軽に食べられるようにおやつ化したリッコロッを揚げている米油は、風
味の良さはもちろん、酸化しにくく栄養価の高い優れた油。お米をもっと食べないと、農家がお米をつく
らなくなるという危機感も訴えて、もっと広くおいしさを広めたい」というパワフルな上田さんです。

(先輩からのアドバイス)
ビジネスプラン発表では、無借金の健全性をアピールしたためか、金融関連企業様から手が挙がりません
でした。いまなら、「今後は融資を受けて事業を拡大したい」と言えますが(笑)。サポートいただきた
い企業様があるなら、的を定めたアピールも有効かもしれませんね。

http://rikkorokke.jimdo.com/リッコロッ/

女性起業家応援プロジェクト【LED関西】

関西女性起業家応援プロジェクト&ネットワーク運営事務局(公益財団法人大阪市都市型産業振興センター)
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7F OsakaInnovationHub内

pagetop

Copyright © 関西女性起業家応援プロジェクト&ネットワーク運営事務局. All Rights Reserved.