【LED関西】女性起業家応援プロジェクト

女性起業家応援プロジェクト【LED関西】

第2回ファイナリスト

中村 真由美

乳がん経験者が作るお洒落をあきらめない乳がん下着専門店

Re - バストブラ アボワール:京都府

エメラルド倶楽部賞中小機構近畿賞トーマツ Innovation By Woman賞Happy Peach賞

乳がんになっても、お洒落も起業も!

国立がん研究センターがん対策情報センターの調査によると、生涯に乳がんになる日本人女性は11人に1人と言われ、欧米化の食生活などの影響でその数は年々増えています。にもかかわらず、下着業界は実は男性社会ということもあり、乳がんを患った人が本当にほしい機能、女性心をくすぐるお洒落なデザイン、治療や薬代で一般人より多い支出でも安心して買える価格を備えたブラがほとんどありません。

 

会社員だった中村真由美さんは乳がんになってそのことをはじめて実感。既存の専用ブラに納得いかず、自分で作り広めるしかないと決意しました。仕事と子育てをしながら、多数のメーカーに連絡するも断られ続け、ホルモン療法で体調も崩した時もありますが、娘やがん友たちの心配と励ましを受け、あきらめなかったところ賛同する会社も現れ、メーカーの高い技術に、乳がん経験者の中村さんならではのアイデアを盛り込んだオリジナルのブラを開発。本格的に取り組みたいと会社を辞め、2015年10月に乳がん下着専門店「Re – バストブラ アボワール」を起業しました。

 

アボワールのブラは、①一日中つけても傷の痛みを感じさせず、②パットやポケットの工夫で左右の高さが同じでずれることなく、③一般の人も使いたくなるお洒落なデザインです。LED関西では、中村さんの乳がん患者に役立ちたいという強い思いや製品のクオリティの高さ、今後は病院にプロモーションをかけ、全国に代理店を持ちたいという夢に賛同が得られました。乳がんを患った人も気軽にお洒落が楽しめる、ブラのファストブランドを目指しています。

 

(先輩からのアドバイス)

「『乳がんの人に役立ちたい!』の一心で起業し、LED関西にもその思いが通じました。大きな思いがあるほど、やりたいことも増えて収集がつかなくなるので、『誰に何をしたいか』を考えながら、1枚のエントリーシートにまとめることで、一番大切なことが見えてくるはず。また、商工会や起業などのセミナーへ行くのもおすすめ。私自身、今行きまくって勉強していますよ」

 

http://avoir-kyoto.com/

エントリー受付開始 »

エントリー受付開始 »

女性起業家応援プロジェクト【LED関西】

関西女性起業家応援プロジェクト&ネットワーク運営事務局(公益財団法人大阪市都市型産業振興センター)
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7F OsakaInnovationHub内

pagetop

Copyright © 関西女性起業家応援プロジェクト&ネットワーク運営事務局. All Rights Reserved.